Bienvenue!ようこそ!
☆パリ案内☆Coaki Paris☆へ


パリ在住の日本人女性のアテンドスタッフが個人旅行のお手伝いいたします。

●観光アテンドサービス(←click)
観光同行サポート、ブランドショップなどのお買い物同行&免税手続きのお手伝い、チャーター車つきのアテンドも可能。

●短期アパルトマンサービス(←click)
パリ住むように滞在してみませんか?お洒落なアパートをご案内しております。

●プライベートチャータ車サービス(←click)
安全運転な運転手さんの車でパリをらくらく移動♪

●ビジネス通訳アテンドサービス(←click)
企画、取材、視察、買付同行、国際見本市などでのお取引、商談、交渉、ビジネスに関わる通訳いたします。


●空港または駅送迎アテンドサービス(←click)

 空港、駅からお泊りのホテルまでお連れします。
ホテルのチェックイン、またお帰りの際は出国のお手伝いも致します。



●プライベートチャーター車で行く!フランス地方ツアー(←click)
運転手さん&日本人アテンドスタッフでご案内します。

●パリ フランス挙式コーディネートサービス(←click)
フランス・パリで一生の思い出作りしませんか?

●フォトウェディング❤サービス(←click)
フランス人カメラマンがハネムーンや家族旅行の記念撮影いたします。
アテンド通訳&車チャーター、ヘアメイクのトータルコーディネイト付き。

●ウェディングビデオサービス
(←click)
2時間の撮影でおしゃれで感動的な3分間のミュージッククリップのようなビデオを作成します。
フランス映画の中の主人公になったような気分♪


●各種予約代行サービス
(←click)
レストラン、美術館、列車チケットなどの代行予約承わります。

●ビジネスメール翻訳サービス(←click)


●お申し込みの流れとお支払い方法、注意事項について(←click)
お申し込み前に必ずお読み下さい。

●よくある質問(←click)

●お客様の声(←click)
アテンドサービス終了後にいただいた皆様からのメールを集めました。

●Coaki Parisについて(←click)


いざという時の緊急安心サービス!
万が一、盗難にあわれたり、怪我病気をされた場合、警察や病院にて同行通訳も可能です。

ご利用していただいた方には、アテンドスタッフが内緒のおいしいレストランやかわいいお店、素敵な場所などもご紹介できます。

まずはお気軽にメールでお問い合わせください。
●お申し込み&お問い合わせフォーム(←click)



いつも日記を見に来てくださっている方々へ。
常にTOPにこの記事が来るように設定されています。
なので新しい記事はこの下くるようになっていますので、スクロールしてください。
よろしくお願いします。
お見逃しなく☆↓↓↓↓







b0193485_358845.jpg




[PR]
私事ではございますが,先月8月13日に二人目を出産しました。
日本でも無痛分娩に興味がある方もたくさんいると思うので、フランスでの無痛分娩について書こうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午前5時おしるしがでる。
おしるしから,陣痛まで2,3日かかることが多いとネットで調べたら書いてたので,陣痛まだもう少しかな。。と 思うが,注意をしてなければ気がつかないくらいの地味~な痛みが繰り返しくる。試しに計ってみたら7分前後の感覚。この時点で午前6時。
その間隔は9時ごろも同じくらい で痛みもそれほどだったけど念のため病院に電話。本格的に痛くなって来てから病院にきてと言われたので,家の片付けをして,絶えず動く。12時頃,段々体を 止めると痛みを朝より感じるように なってくる。
でも前回の妊娠のときは誘発分娩のせいでえらく痛かったからそれにに比べたら,前回の陣痛の最初の方の痛みと同じくらいで,屁でもないわと思い,早く病院に行き過ぎると追い返されるハメになるのが いやで,ひたすら陣痛がきちんとつくのを待つ。14時頃,まだ耐えれる痛みだけど,念のため病院に 電話。じっとしてられない痛みになってきたと伝えると病院に電話すると,来てくださいと言われる。
だけど病院への移動の車の中では陣痛が来ながらもアイスクリームを食べれるほど余裕があった。
病院到着。手続き上色々聞かれるが,返事をするのが苦痛になって来て夫に代わりに答えてもらう。
内診ではなんとすでに7センチ子宮口が空いていた!よく耐えたねと助産師さんに言われたが,前回の妊娠では麻酔を打ってもらった3センチの時点で大きな牛に腰を蹴られてるくらいの痛みが何分かおきとかじゃなく絶えずあったから,そこまでの痛みじゃないのに7センチもすでに開いてることにビックリした。
無痛分娩の予定なんだよね,と助産婦さんに聞かれ,もちろんと答えるが,今から間に合うか確認するねと言われ,かなり焦る。そういえば無痛分娩はタイミング逃すとできない。家で我慢してたことを激しく後悔する。それに心の準備もできていない!
。でも予定通り無事に無痛分娩を受けれることになりほっとする。背中に麻酔の針を入れてもらうのは痛くない。(むしろ妊娠中の毎月あったトキソプラズマの血液検査で下手な看護師さんに注射されたときの方が悲鳴がでるくらい,よっぽど痛かった!)
麻酔がききはじめるまでは20分ほどかかる。早く早く効いてーと心で叫ぶ。
麻酔の液体が背中に注がれていく感じはホッとしたし、ほどよく冷たくて気持ちがよかった。

前回の出産の時は、全く痛みが取り除かれたのに比べて、今回は若干の軽い生理痛くらいの痛みを感じる。ちょっとまだ少し痛いんですけど。。と、麻酔医師さんに伝えると、ちょっとは痛みの感覚がないとイキめないからダメなのよ。だから敢えて痛みを残してるのよ 、と言われる。前回のお産は全ての痛みが取り除かれててまさに無痛だった。そしてイキむ時はモニターで陣痛の波を確認しながら助産婦さんに言われたタイミングで いきんだ 。

そして,とうとう全開10cmまで 子宮口が開く。では今からいきますよといいながら,助産師さんは普通のベッドが足をのせれる分娩台に早変わり。陣痛の並みに合わせて息む!前回の無痛分娩は感覚が全くなくモニターで陣痛が来てるタイミングを 計らって力む感じだったけど,今回の病院は 少し痛みの感覚を残して自分の陣痛のタイミングで力むスタイルだった。呼吸法は吸って水のなかに潜るように息を止めてその時にいきみ,終わったら息を吐くように言われる。前回の妊娠中は頑張って出産の本でややこしい呼吸法を勉強したが,いざお産のときには そんなの頭にでてこないので今回は全くなんの準備もせず 助産婦さんの指示通りでいったがやっぱりそれだけで十分だった 。
頭だけ出て来たとき,おねがいして触らせてもらう。ヌルっとしてちょっと怖かった!
そして17時59分,何回かいきんでとうとう出てきた。
出てすぐに赤ちゃんの体を軽くふき,だっこさせてもらえた
。少ししてなき始める。夫へその緒をきる。ちょっとだけ会陰が裂けたので縫ってもらう。
はじめてのておのお産の時は破水から始まり陣痛がつかず誘発剤を使って,分娩のときは首に3じゅうにへそのおが巻き付いててなかなか出てこれなかっただけに,今回は自然に陣痛が来たし,分娩もスムーズだった。
前回のお産は胎盤も見せてくれたけど今回はなかったので ,私の胎盤どんなんでしたか?って聞いたら,助産婦さんはちょっと考えた後,美しかったわよ,と 答えてくれた (笑)
とにかく何より無事に産まれてきて本当によかった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上,フランスでの無痛分娩体験レポートでした。
同じフランスでも病院によって痛み具合もやり方も違うようです。

無痛分娩はまだ日本では珍しい方で,事故もあったりでいろいろ物議を醸ているようですが,安心してうけれるようになり,どんな 形でもお産は 命がけなことにはかわりないけれど,痛みへの恐怖心を減らし多くのママになる女性がお産を楽しめるようになるといいなと思います。
b0193485_22491224.jpg

[PR]
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
Coakiの新サイトもよろしくお願いします。
パリに暮らすように滞在しませんか?
旅行者向け短期アパルトマン

La Vie Parisienne ラ・ヴィ・パリジェヌ(←click!)
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎



久しぶりの更新になってしまいましたが、産後初の外での仕事でブライダルフォトの介添人をしてきました。

お客様が事前に希望イメージのお写真を送ってくださり、実際にできたウェディングブーケ
フルーリストさんかなり忠実に再現してくださってます。
b0193485_874041.jpg


お二人はすでにご結婚されて数年経つ、お子さんがお二人いらっしゃる方でしたが、まだ結婚式をあげていなかったため、今回旅先のパリでのウェディングフォトをご依頼いただきました。
b0193485_9195114.jpg


ここでこんなアングルで撮りたい!みたいな要望にもカメラマンさんは答えてくださいます。
b0193485_9172571.jpg


とてもお二人のお子さんがいるようには見えない綺麗なかわいい花嫁さんでした。4歳のお兄ちゃんもママの花嫁姿を見て、"ママかわいい!"と嬉しそうに言って、微笑ましかったです。
b0193485_8574778.jpg


途中でお腹が空いて我慢ができなくなっちゃったお兄ちゃんがチョコアイスを買ってもらい、お口の回りにチョコをつけながら食べる微笑ましい風景。そんな可愛いショットもカメラマンさんは逃しません!
b0193485_832211.jpg


疲れて寝ちゃった赤ちゃん。ご夫婦は撮影だったので、撮影中は私が赤ちゃんを抱っこしていました。普段はよその人だと泣いちゃうらしいのですが、泣くこともなく、終いには寝ちゃって、なぜかなぁと思ったんですが、それはなんと、私から母乳の匂いがするから落ち着いてくれたということに気がつきました!一体なにが仕事の役に経つかなんてわからないもんです。(笑)このタイミングで母乳育児中だったことに感謝。
b0193485_824940.jpg


産後一年以上ぶりのお仕事、子育ての限られた貴重な時間もとっても愛おしいけれど、やっぱり働くって楽しい!と感じたやりがいのあるお仕事でした!
O様ご夫婦ありがとうございました!
b0193485_8131138.jpg



私の一歳3ヶ月になる息子はある日から哺乳瓶完全拒否になり、完全母乳育児を強いれられていたため、誰にも預けることができなかったんですが、息子が一歳を過ぎてからは離乳食で栄養を十分とれるようになり、今回のお仕事は週末だったので、旦那さんに息子を預けて、久しぶりの外でのお仕事でした!(メール対応やスタッフ手配、予約手配などは子供をみつつ家でしてましたが)
本当は10月から息子は、保育園に入れる予定で、私も仕事に完全復帰の予定だったんですが、事情があって引越ししたため、また新しい街で待機児童になってしまいました。ですが、週末は終日、平日は夕方以降のお仕事でしたら、Coakiが担当できますので、よろしくお願いしますっ。もちろんそれ以外の時間も代理スタッフさんがおりますので、いつの時間でもご依頼いただけます。

ウェディングフォトのご案内はこちらへ★
[PR]
今週木曜日から、仙台のギャラリーにて、パリの銅版画アーティストグループの展覧会が開催されます。

今は亡きこのアーティストグループの創設者、ジョエル ロッシュを含める9人のフランス人アーティストと今回の展覧会を主催する仙台出身の在パリ日本人アーティストのMさんと私の合計11名が参加するとても見応えある展覧会になっています。
私にとってはフランスに渡ってから、パリでの展覧会には出展はしてたけど、在仏後の日本での展覧会には初出展になります。この機会を与えてくれたMさんに感謝です!作品だけ日本にいったため、私はギャラリーにいてませんが、美術が好きな人、パリが好きな人、フランスが好きな人、そうじゃないけどたまたま近くに寄った人、きっかけはなんでもオッケーなので、ぜひ仙台で、パリのアートの世界に触れて見てくださいね。

La pansee des animaux   銅版画展—動物の思考—
2016年7月14日(木)〜25日(月)

   
11:00〜19:30 最終日16:00迄

   
ギャラリー・絵本サロン 天使のらくがき

     
仙台市青葉区一番町12ー16 オハナラニ1番町ビル2F

     
022–211−7979


↓今回、私が出展している作品のひとつです。
b0193485_0195512.jpg

[PR]
# by coaki-paris | 2016-07-11 23:34
先日行ったノルマンディーのカーンの義理お姉さん家族のところで食べたお料理 フォンデュブルギニョンfondue bourguignon。
b0193485_04222561.jpg

各自で牛肉を揚げて4種類あるソースをつけながら食べるお料理。なので自分でミディアムやミディアムレアとかが調節しながら食べれます。私は日本のしゃぶしゃぶと似てる気がしました。油はオリーブオイルでハーブが入ってるので以外とさっぱり食べれてしまうんです。おっと危険危険、食べ過ぎちゃいそう。


そしてノルマンディーの名物、牡蠣です。フランスに来た際はぜひ食べてもらいたい食べ物。でも食中毒にはくれぐれも気をつけてくださいね。
b0193485_04294265.jpg


イギリスの食べ物だけどノルマンディーの海岸のレストランで食べたフィシュアンドチップスも美味しかったです。
b0193485_04364186.jpg


ノルマンディーはモンサンミッシェル以外にも素敵なところがあるので是非訪れてみてくださいね。
b0193485_04364548.jpg

[PR]
# by coaki-paris | 2016-06-03 04:09